メニュー

ホーム > ピックアップ > 中学英語だけでTOEIC600点?

中学英語だけでTOEIC600点?

市川英語村塾

<小・中・高・大・社会人対象の英語専門塾>

計125名(在塾生のみ)

それ以外の関連者を含めると

約500名以上(推定)

 

 

1、日本人の英語力は現在アジアで最低辺にある。他の分野では、日本人は1位か上位に居るのに。江戸の末期に、迫り来る欧米の武力を前に、日本人は外国語の習得法を変えてしまったからである。それが150年間続いている。

 

2、その方法を変えてみたら、目を見張るべき大きな成果があった。上記はその一端である。

 

3、その方法とは「音読・ 筆写の徹底くり返し法」である。

過去20数年にわたり、この方法で全国の大学を講演して回り、大きな成果を上げてきた。この方法は大変「原初」的なものなので、誰でもが採用でき、このメソッドが公教育に広がれば高卒で、日本人がトーイック730点超えの時代が必ずやってくると思い、市川英語村塾を設立し、人類共通言語の習得法とその精神を世に発信し続けている。

 

4、その道半ばで、今回、「瑞宝中綬章」を受賞することになりました。

この度、受賞の祝いを盛大にやって頂き大変ありがとうございました。

また心も新たに日本人の英語の習得に向けて、「礼節を重んじ、愛と誠意をもって」、再びこれを推し進めて参ります。

 

 

 

市川英語村塾の塾頭である太田信雄先生は、過去約50年にわたる研究・教育を評価され、2017年4月29日に皇居にて、「瑞宝中綬章」を受賞されました。

お写真のバックは塾生たちの600点、730点、860点、900点突破の修了証です。

 

瑞宝中綬章

 

 

英語のレベルを世界標準に押し上げるため、「英語のやり方」を、これまで以上に多くの人に向けて発信し続けます。

 

 

市川英語村塾では学生から社会人までの幅広い層に、

「21世紀に求められる本当の英語力を養成し、

平成の松下村塾として志の高い人材の育成を目指す」

を教育理念に、日本の英語教育水準の向上を目指し外国語改革を行っています。

『市川英語村塾は世界で使える英語力を養成し,志の高い人材育成を目指します!』
当塾へみなさまが 仲間入りされる日を心待ちにしております。
 

 

HPを見る